読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風祭文庫・頂き物の館

風祭文庫の頂き物なども納める書庫です

頂き物・第3話「黒幕(プロデューサー)」

第3話「黒幕(プロデューサー)」

 4月中旬
 「…あの事故から、もう3年か…」
 ちょうど3年前のこの日、製薬会社の社会見学で事故に巻き込まれ、
男性化するとともに普通の人間ではなくなってしまった杏。
 この年のこの日、奇しくも杏たちのクラスでは社会見学だった。
といっても、見学にあるのは沼ノ端でも有名なテレビ局だ。
 そして、今は撮影スタジオの見学だ。
 杏は目の前に置かれた大きな鏡を見て思う。
 大きな鏡に映っているのは、ブーメランパンツをもっこりさせた
筋肉質なイケメンの水泳選手ーそれは紛れもなく杏だった。
 「(…こんなもの得たくなかったのに)」
 杏は大きなものを失った代わりに大きなものを手に入れたのかもしれない。

 「おおーい。木之下~、さっさと出てこないと撮影が始まらないぞ~」
別の男子生徒が杏を呼ぶ。
 「ああ、ごめん。ちょっと考え事していて…」
 そういうと杏はほかの生徒たちが待つカメラの前に来ていた。

 自由時間。
 杏は休憩所に来ていると、そこに事務服を着た女性の姿があった。
「杏ちゃんお久しぶりね」
 「う…海さん…」
 杏の目の前にいるのは杏に女性ものの服をデザインした謎の女性・海である。
杏は彼女のおかげで何とかここまで持ち直してきたようなものだった。
 「で、どうなの、あの新入りの男の子は」
 「ああ。彼らはもうボクの仲間ですからね。」
 「そうよね。男の娘’sとか作ったら受けるのかもね」
 海は冗談半分でいった。
 「あ、そうそう、これ、伝言よ」
 杏は書かれていた伝言を見た。
 「ああ、ここに来いということか」
 杏は半ば怒っているようだった。

 -編成部長室
 杏はそう書かれた部屋をノックする。
 「入りたまえ」
 杏は部屋に入る。そして、目の前の椅子に座っている男をにらむ
 「木之下杏君、どうかね、今の気分は」
 目の前の男は杏にこう話しかける。
 「…ずいぶんと、偉くなられたんですね。牛島さん」
 目の前にいる男は牛島智也。このテレビ局の編成部長にして名物プロデューサーでもある男だ。
 何を隠そう、3年前の事故の報道でも沼ノ端地方でのこのニュース報道を陣取っていた
のはこの男である。
 「…わざわざこんなに離れた地方まで野次馬をして、今度はこの地方に来たボクをおもちゃにするんですか?」
 杏は智也の前で激昂していた
 「落ち着きたまえ。あの事故に関しては君の知らない話があるんだよ」
 「…なんですか?」
 「あの事故で君や青葉君の所には多額の賠償金が入ったと思う。そして、製薬会社は表向きは倒産した。」
 「…そうですけど、それじゃボクも青葉も、この体のことは…」
 「体のこと?男になったことか?」
 「そのせいでどれだけ苦労したと思っているんですか?」
 「…考えてもみたまえ。君は男になっただけじゃない。とんでもない力を手に入れたんだ。」
 智也はさらに続ける
 「あのような力を手に入れるには、恐ろしく変化した怪物やあるいは何も言えないような植物の姿になってしまうものなのだよ。
 私の妻である里枝もそうだった。それに私や柵良茉莉さんなんかは黒い巨大な怪物のような姿だった。」
 「それに引き換え君はどうだ?ほとんど人間と変わらない姿で、しかも魅力的な男になってるじゃないか。製薬会社の事故は
ほとんど人間から姿を変えないまま、化生の強大な力を与える可能性を生み出したのさ。だからあの会社は事実上の倒産ということだが、
君の知らない世界から多額の報奨金をもらってね、今は別の研究をしているところだったのだよ。」
 「じゃあ、ボクを女に戻すというのは…?」
 「それをやってしまえば今君が秘めている強大な力をすべて失うことになるんだぞ。」
 智也は杏にこう指摘する。
 「それに、今の私の地位があるのは、マッチョマンと里枝のおかげだ。あの事故で得をしたわけじゃない」
 智也はさらに付け加えた
 「まったく…そろそろ時間なんで帰りますね。」
 杏は勢いよく部長室から出て行った。

 その日の夜、杏は自分の部屋に青葉を呼んだ。
 「今日はどういうことなの?」
 「そろそろあなたに本当の女装がどういうものか教えようと思って」
 杏はそういうと青葉に海からもらった女性ものの服を分け与えた。
 杏の時と同様、青葉はほぼノーメイクでも女性に見えるような感じだった。
 「今のほうが十分女らしいと思うけどね。ボクも君も」
 青葉に杏はこういった。
 「入学式から、ずっと女の子のうわさになっていてね。はじめは今までとは
違う反応に喜んでたけど、何か違うような気がするんだ。」
 青葉はどこか困ったように言う。
 「それはボクもとおってきた道だよ。」
 杏は青葉にやさしく答える。
 「…今日もクラスメイトから声をかけられて…
 こんなこと今までなかったから、初めてで。」
 青葉はクラスメイトの女子から声をかけられたことを語った。
今までにないようなことだったので初めてだったのだろう。少し焦っている。
 「じゃあ、次は女の子らしい自然なメイクと行こうか。」
 杏は次に青葉にメイクを教える。
 青葉も自然な女装のやり方を覚えるのが板についてきたようだった。
 「女の子に声をかけられたんだったら、次はイケメンとしてどうやったらいいのか、ってことだけど、
 今日は疲れたからこれぐらいにするか。」
 杏は青葉を自分の部屋に帰した。


 青葉は自分の部屋に帰った
 「…ふう。」
 青葉は制服を脱ぐと、杏からもらった競パン1枚になる。
 杏から自分の女装を否定されたからか、どうも家にいるときは何も着ないほうが落ち着くようだった。
 「…イケメンとしてどうあるべきか、か。」
 青葉はしばらく悩んでみた。
 今の自分は杏ほどではないが筋肉質でブーメランパンツをもっこりさせている。
 そして女だったころの面影を残しているせいか、美少年のように見える。
 部屋にあった乙女ゲームなどを見ながら、気障なセリフを出してみる。
 …なんていうか、自然な感じだった。
 「…女装も似合う完ぺきなイケメンか。目指してみてもいいかも。」
 青葉はそう思いながら寝てしまったようだ。

 数日後
 杏と青葉は珍しく女装して遠くの町を歩いている  
 「やあ!」
 後ろを振り返ると、そこには一人の少女がいた。
 「僕だよ。琴美だよ。」
 「二人して女装かい。僕も半年前まで女子高生だったからね。
 女の期間が長いから、君たちには負けないつもりだぞ」
 「なるほど、琴美も十分美人だな。」
 女装した3人の少年はじゃれあいながら町を歩いていた。

 

頂き物・第2話「転入生(ライバル)」

第2話「転入生(ライバル)」

 4月。その日沼ノ端高校では始業式が行われる。
 杏はクラス替えを行った。
 その日の早朝、杏は自主練のため沼ノ端高校のプールに早く来ていた。
 「…ふう。今日から練習を考えないと」
 杏は今日から2年生となる。1年生の練習のメニューも考えたりするのが新たな仕事となる
 「まずは泳いでから考えるか。」
 杏は制服を脱いでブーメランパンツ1枚になり、プールのカギを開けた。

 すると、プールの水を勢い良く張り上げて、1体の筋肉の塊が現れた。
 『競パンマン参上!

 どっちが上で、

 どっちが下か貴様達には判るまいっ』
 杏の目の前には、顔面を黒いシリコンキャップで覆い、ゴーグルをつけ、そしてビキニパンツをもっこりさせた
 沼ノ端のご当地ヒーロー・競パンマンであった
 「…朝からなにやってるの、咲子」
  杏は半ばため息をついていた・。
 『ごめんね、今日から新学期で、杏だったら早く来ると思って、プールに早く来て隠れてたの。』
 実は沼ノ端高校のプールと沼ノ端市内のプール、そして咲子の家の地下と端の湖はつながっており、おそらく
そこから入ってきたのだろう。
 『制服はちゃんと完全防水のスーツケースに入れて持って来てるから、普通に変身解除して始業には出れるんだ』
 競パンマンはプールサイドにスーツケースを置く 


 『杏、また一緒のクラスだね。よろしく」
 そう恥ずかしそうに言う競パンマン。
 「咲子、春休みはどうだったの?」
 杏は咲子に聞いてみる。
 『うん…こっちもいろいろとあったけど。』
 競パンマンは恥ずかしそうに答える。おそらく春休み中に競パンマンの姿で何かあったのだろう。
 『じゃあ、あたしは女の子の姿るから』
 そういうと競パンマンは女子更衣室に向かった。

 数十分後。
 杏は一人で練習メニューをこなす。
 プールの壁に手を付け、プールサイドを見るとひとりの女子生徒が立っていた。
 「お久しぶりね、杏。」
 美緒だ。
 だが、今日の美緒の衣装はどこか変だ。
 青を基調にしたセーラー服の上とブーツだが、下はスカートではなく、
 男子の競泳パンツだ。
 「その恰好、どうしたの?」
 杏はおそるおそる問いかける
 「まあ、いずれあんたとはこの格好で何かやると思うから見せておくけど、
 今のあたしはセーラー・マーキュリーとでも言っておこうかしら」
 やや不格好な水の戦士は顔を赤らめていた。
 「まったく、イメージトレーニングでもしようと思ったのに、この変態。
 あと、あたしとあんたまた同じクラスだからよろしくね。」
 水の戦士は顔を赤らめながら女子更衣室に去って行った
 「やっぱり春休み中になんかあったんだな。まあ、ボクもだけど。」
 杏はひそかにため息があった。

 その数十分後、授業の開始時間の近く、プールにはまた別の男子生徒が来ていた。
 「(だれだろう。見かけないな)」
 その男子生徒は一見華奢な女の子にも見える。
 「(転入生かな・・・・)」

 始業式が終わり
 杏のクラスの担任・水泳部顧問の体育教師の美奈子が紹介をする。
 「転校生を紹介するぞー!」
 目の前にいたのは、プールに来ていた男子生徒だった。
 「竹沢琴美です。水泳部に所属していました。今日からよろしくお願いします。」
 琴美はクールにそういうと、杏の近くに座った。
 
 ホームルーム終了後、案の定琴美は他のクラスの女子生徒からもてていた 
 「木之下君もかわいくてかっこいいとおもったけど、竹沢君もカッコいいよね」
 「竹沢君も水泳部ってことは木之下君のライバルかな?」
 女子たちは琴美を質問攻めにする。

 一方で琴美は杏に声をかけた。
 「木之下杏くんだね。今日の練習の後にでもちょっと話をしないかい?」
 琴美はどこかさわやかそうに見えた。

 水泳部の練習では、2年生のほかに、入部希望の1年生も何人か来ており、
その中には青葉の姿もあった。
 「これが新入りの青葉君か。君が目をつけるだけのことはあるね」
 琴美は杏にそういった。
 琴美は華奢ではあるが、筋肉は十分につき、杏たちとは色違いのブーメランパンツをもっこり
際立たせていた。
 「言い忘れてたけど、ボクは結構着やせするみたいなんだよね」
 「水泳部らしいいい体つきだね」
 杏はひそかに思っていた。
 「おっ、木之下、なんだ、こいつがうわさの転校生か。」
 杏の悪友・涼介が杏と琴美の前に来る。
 「今は練習中だよ。君はもっと静かにしたほうがいい」
 琴美は涼介をけん制する。

 さて、練習終了後、琴美と二人のこった杏。
 杏は
 「いきなり悪いけど、琴美は女の子だったんだよね」
 杏はこういった
 「…そう。たぶんあなたも女の子よね。」
 琴美は女言葉で答える
 「…うん。女言葉は封印してるけど、ボクが男の子になったのはちょうど3年前。」
 杏は製薬会社の事故の話をした
 「あたしが男になったのは半年前。女子水泳部の先輩と対決して、負けちゃったの。
そうしたら罰ゲームで、男物の競パンをはかされて。気が付いたら、そのまま男の体になっちゃったの」
 「それでしばらくは同級生と一緒に男子水泳部で泳いでいたんだけど、先輩が競パンに男になる薬品を
仕掛けていたことを知って、それがどうしても許せなくて、先輩に文句を言いに行ったの。」
 「それで男子水泳部にも居ずらくなって、水泳をあきらめられなかったあたしは転校することにしたわけなの。」
 琴美は少し悲しそうに語った。
 「男子水泳部に半年ぐらいいたからね。あたしもけっこうイケメンでとおってたし、杏ちゃんには負けないと思うけどね。」
 琴美は嬉しそうに言った。
 「なら、一緒の元女子の男子水泳部同士仲間だってことじゃない。ライバルでもあるんだろうけど。」
 そういうと杏と琴美は友情を確認しながら再び泳ぎだした。

                  
 一方その頃。
 「まったく、お前は始業式の終わった後から勝手に変身させおって」
 「でもまあ、始業式の後から悪さをする不埒なやつにはこの程度が似合っておるかの」
 そこにはセーラー・マーズに変身した柵良美里と、セーラー・マーキュリー姿の美緒、そして競パンマンがいた。
 彼ら3人に占められて伸びているのは紛れもない唐渡であった。

 

 

頂き物・水泳部の男の娘Ⅱ

水泳部の男の娘Ⅱ

第1話「新入生(ニューカマー)」

 3月の終わり。
 沼ノ端駅のコンコースに一人の女子が降り立った
 「…ここね」
 しかし、この女子、どこかおかしい。
 やけに派手なワンピースやスカートを着ている割にどこかに合っていない
 化粧もやや美人のように見えるがどこかに合っていないというか、不自然だ。
 それもそのはず、この女子、今は男子なのだから。
 とはいえ、気持ちの悪い女装男子かもしれないが、彼が女装するのには理由があった。

 3年前、沼ノ端とは遠くの離れた地域で起こったあの製薬会社の事故。
 その事故は製薬会社に社会見学に来ていた当時中学2年生の女子生徒を男子に、そして化生に変えた。
 だが、あの事故の犠牲者はもう一人いた。
 それが彼女、いや、彼である。

 彼の名前は桂木青葉。女子だったころの名前は桂木青恵といった。
 いきなり男子生徒になったこと、そして男子の体つきの変化に対して周囲の人間は彼のことを変態のように扱った。
 体は男性であるため、本人がどんなに女性として扱われることを望んでも周囲はそれを許さない。
 そして、成長期の男の子である、ということから月日とともに、身長は伸び、筋肉が付き、そして毛が生えてきたうえに、
 股間からぶら下がっているものもどんどん大きく目立ってくるようだった。
 そんな中でも抗い、女装しようとしても女装を禁じられ、そのうち学校にも行かずにひきこもりに近い状態になった。
 卒業も近くなり、家族からも邪険に扱われるようになった。
 中学校を卒業したら、家出をしてニューハーフの道にでも進むのしかないのだろうか?そう考えていたころだった。
 青葉は中学校に呼び出された。何日も学校に来ていないことや、男子生徒として扱われることを受け入れろという注意は
さんざん聞き飽きていた。
 だが、内容は違った
 「え…あたしが、高校に?」
 「おめでとう。桂木。」
 「でもあたし推薦状なんて出した覚えは…」
 「今のお前はお世辞にもいい内申点をつけることはできないし、ろくに学校にも来ていないお前がろくな高校にもいけないんだ。
ここはひとつ、推薦を受けて進学しておいてくれんか」
 たしかにそうだ。このまま行っても事態は改善しない。それに遠くにある高校だから知り合いもいない。そう考えた
 それで青葉は進学を受け入れたのである。

 
 「ここがあたしの新天地か。」
 そして、青葉は新しい住所についても教えられた。
 沼ノ端市内のとあるマンション。そこには沼ノ端高校の生徒が多く生活しているらしい。
 青葉はさっそく自分が家で使用していた女物の小物などを部屋に置き、生活空間を立ち上げた。
 「一人だから女装してても文句言われないし。」
 彼は一人だけの空間を満喫していた。
 だが、彼はポストに1通の手紙があることに気が付いた

 「桂木 青恵さん
  高校入学おめでとうございます。
  今週末私の家に来てください。ぜひ見てもらいたいものがあります  木之下杏」
 こう書かれていた。
 手紙の主は木之下杏。何を隠そう3年前の事故のもう一人の被害者である。
 彼もまた沼ノ端高校に進学していたのだ。
 青葉は自分が一人ではないことを改めて認識した。

 終末。
 青葉は杏の部屋の前にいた。
 「おじゃまします。」
 「入って。」
 青葉の目の前にいたのは、長髪のかつらをかぶり、女性もののエプロンをかけていた、
 どこからどう見ても女性にしか見えない。
 「あなたが青恵さんね。あたしは木之下杏。あなたと同じ、性別を奪われちゃったの。
 あたしもずっと肩身の狭い思いをしていたから、今日はあなたと女の子同士の時間を過ごしたいと思って。」
 目の前にいる完璧に女性にしか見えない男性、
 青葉は彼女に惚れてしまいそうだった。
 もっとも、自分の女装がお世辞にもうまいものであるとは言えないことを忘れて。

 二人はスイーツづくりに没頭し、女の子のすきそうなおしゃれなスイーツをいくつも作ってみた。
 すると、杏は一つの果物を取り出した。
 「この果物、食べても何もなかったら女の子だって証なんだって。青恵さん、ちょっと食べてみてくれる。」
 杏が冗談交じりにでも言っているのだと思い、青葉はその果実を食べる。
 数分後
 「この果物食べても、何も起きない、やっぱりあたしは女の子…」
 そういおうとしたとき、杏は口を開いた
 「青恵さん…いや、青葉くん…。ボクがきみに嘘をついていた。」
 杏の口調が急に変わった。
 「!?」
 「…そ、それは別に女の子だって男の子だって関係ないってことじゃないの?」
 青葉は急に焦りだした
 「そうじゃない。その木の実、普通の人間にとっては恐ろしい猛毒なんだよ。」
 「…」
 「青葉、突き落すようで悪いけど、君はもう完全な男の子だし、普通の人間じゃなくなったんだよ」
 「ええ!」
 青葉はその場に崩れ落ちた。
 「それに、そんなへたくそな女装じゃ、絶対男だってばれるよ。」
 「…それに、これが今のボクの姿だよ。見ておくといい」
 杏は長髪のウィッグを外し、少女趣味のエプロンを思いっきり外した。
 それは美少女というよりもどうみても美少年だといえる顔つき、
 筋骨隆々だが一切無駄のない均整のとれた体つき、
 そしてブーメランタイプの競泳パンツを猛々しく張り上げていた
 「・・・・」
 青葉は赤くなってしまった。目の前にいたのは気持ちの悪い女装男などではなく、いっさい男臭さを感じさせることのない
完璧なイケメン男子だった。
 「…青葉は泳いだことはあるの?」
 「水泳の授業でちょっとあったけど、あんまり泳げる感じじゃない」
 「水泳部になれば、からだの毛を全部そっていても問題はないけど、君の体を見る限り無駄に剃刀を入れすぎて
皮膚がきづついてるようだね。ボクが無駄毛が生えてこないスキンケアも教えてあげるから。」
 「それに、こんなへたくそな女装じゃ絶対ばれるから。完璧な女装の仕方とかメイクとかも教えてあげるよ。それとも
かっこいいイケメン男子としてのあり方もついでに教えれるよ。」
 何もかもが超越した杏の前に、青葉はただうなづくばかりだった。
 「じゃあ決まりだね。青葉は今日からボクの仲間。これをはくといいよ。もちろん、無駄毛の処理をやったうえでね」
 そういうと杏は三角形の布、競パンを青葉に渡した。
 


 その翌日から、市内のプールで杏が青葉に水泳の特訓をすることになった。まず青葉は全身の無駄毛をつつがなく処理させ、
競パンをはかせる。その後基本的なおよぎ方から陸トレのやり方までを叩き込む。
 最初は苦労した青葉だったが、才能が開花したのだろうか、すぐに上達していった。
 
 1週間後…市内のプールで。
 杏は一人の競パン姿の少年と話している。
 『どう、あの子は?』
 黒い髪で赤い瞳の不思議な感じのする美少年だ。
 「青葉はもともと才能があったのかな、水泳を教えたらすぐに上達していったよ。
 入部したら第一線で活躍するのは間違いない。」
 杏は目の前の少年に話をした
 『そう…あなたも青葉もあたし達の仲間みたいなものなんだから、そこんところは忘れないようにね』
 「わかってるよ…黒蛇堂さん。」
 杏は黒蛇堂の目をじっと見た。
 『…その名前、外で言ったら承知しないわよ』
 黒蛇堂は顔を赤らめていた

 別室では、金髪碧眼と赤い髪に水色の瞳の美少年が椅子に座っていた。
 『ちょっと紅ちゃん、はみ出してるわよ。』
 『えっ…』
 紅蛇堂は顔を赤らめながら競パンに自分のものをしまう。
 『どう、杏とやりたいの?』
 白蛇堂は紅蛇堂のパンツのもっこりを触る。
 『杏はまだまだ活躍してもらわないといけないし、これを杏に使うわけにはいかないわ』
 『それがわかってるんだったら、十分じゃない』
 白蛇堂と紅蛇堂はじゃれあっていた。

                                      続く